中学・高校生時代はニキビに悩んでいました。

あなたの行っているにきび対策
あなたの行っているにきび対策

中学・高校生時代はニキビに悩んでいました

このエントリーをはてなブックマークに追加

中学・高校生時代はニキビに悩んでいました。

甘いものやジャンクフードを摂取すると、その翌日にはもうポツポツ。私の場合は、特にこめかみとおでこが酷かったです。
白ニキビなら外用薬をつけて就寝(寝返りで布団についたりもしましたが)。それでも、なかなか治りづらく赤ニキビへと悪化したり、常にニキビがある状態になってしまったり…。
大人になるにつれてニキビはなくなりましたが、いちど「美白注射」なるものを打った時に、体質に合わなかったのか、顔中ニキビだらけになり3ヶ月ほど治らないという大惨事を経験しました。
どんなに外内用薬を試しても、生活習慣を見直しても一向によくならず、外出するのも嫌だった時期があり、それ以来、体に入るものには細心の注意を払うようになりました。
もちろん甘いものやジャンクフードを控えることも大切ですが、生活習慣、ストレスを溜めないようにしたり、たばこを控えたりするだけで、ニキビができにくい肌になってきたように感じています。
現在は、基礎化粧品もドラッグストアの安物を使用していますが、肌は綺麗で吹き出物ひとつありません。それでも疲れが溜まったように感じる時は、サプリメントを服用しています。あとはカラオケや飲み会も、たまには必要です。

Copyright (C)2017あなたの行っているにきび対策.All rights reserved.