学生時代は自分でいうのもなんですが、ムキタマゴちゃんのようなつるつる肌でした。

あなたの行っているにきび対策
あなたの行っているにきび対策

学生時代は自分でいうのもなんですが

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生時代は自分でいうのもなんですが、ムキタマゴちゃんのようなつるつる肌でした。
思春期のニキビといった経験は全くなかったのですが、20代で仕事を始めてから、私のニキビとの闘いが始まりました。

ポツポツどころじゃなかったです。
ニキビが専門の病院にも、何年も通いました。
薬と皮膚科でもらう化粧品を何年続けても全く意味なし。エステもさんざん通いました。
正直生きるのが辛くなることもありました。
そりゃ女として最高の年代に、一番人から見られる顔にできるのですから。
今現在、同じ悩みを持っている人は「何で治ったの?」って聞きたいでしょう。
でも、いつぐらいから治ってきたのか、あまり記憶にないのです。
自分で手応えがあったと記憶に残っているのは「北原美顔術」。次から次へ出来るニキビを潰してもらっていました。
潰す方法は良くないと言われますが、当時は一番良かったです。
なぜなら芯がなくなるから、肌を触っても柔らかい実感がありました。
それ以外のものでは、芯が残っている状態なので、また同じところに出てきてしまうのです。
人によって違うでしょうが、私は一番この方法が良かったです。
そのかわり、超痛いです。

それから、出張で中国に行くたびに購入していた薬です。
たぶん「青春美露」という薬だったと思うのですが、漢方の原液みたいな強烈な匂いのする液体でしたが、これを塗ると強いせいかニキビが枯れるといった状況になっていたと思います。少々強硬手段ですが、それほどきついニキビでした。
ニキビで辛い思いをしている人に、気持ちを強くもって頑張ってほしいです。

Copyright (C)2017あなたの行っているにきび対策.All rights reserved.