中学から高校にかけて、にきびに悩まされていたという人は結構多いと思います。

あなたの行っているにきび対策
あなたの行っているにきび対策

中学から高校にかけて

このエントリーをはてなブックマークに追加

中学から高校にかけて、にきびに悩まされていたという人は結構多いと思います。にきびができやすい年頃なのでしょう。
私も例外ではなく、中学生から大学生の後半まで、年がら年中顔ににきびが出来ていました。
今思うと、きっかけは運動を始めた事だと思います。中学から大学までずっと陸上をやっていました。
汗をかくのに、ろくに洗顔はせず、部活の合間に腹が減るのでスナック菓子ばかり食べていました。
嫌でもにきびができるような環境だったのです。

特に気にしておらず、病院に行ったりはしていませんでした。
当時は、今のようにインターネットで簡単に情報を得られるような時代ではありませんでしたので、丁寧な洗顔で改善するという情報すらありませんでした。
潰したりオロナインを塗ったりして、適当にごまかしていましたが、もちろん良くなるはずもありません。
私の場合、社会人になって陸上をしなくなってから自然と治りました。
やはり、よく汗をかいていたことが原因だと思います。ただでさえ油性の肌の上、洗顔で皮脂を洗い流すことをしていなかったのですから、老廃物が毛穴にたまり、にきびとなっていたのでしょう。加えてスナック菓子も良くなかったのだと思います。社会人になってからは、さすがに仕事中にお菓子を頬張るなどということはなくなりましたし、しばらくは内勤で汗をかくこともありませんでしたので、自然とにきび体質から解放されたのだと思います。
あんなに悩まされたにきびですが、ちょっとしたきっかけでこんなに簡単に治るものなのかと驚いています。若い人には、そのうち治るのでそれほど悩まないでと言いたいです。

Copyright (C)2017あなたの行っているにきび対策.All rights reserved.