『にきび』私にとってそれは、とても苦い思い出だ。

あなたの行っているにきび対策
あなたの行っているにきび対策

『にきび』私にとってそれは、とても苦い思い出だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

『にきび』私にとってそれは、とても苦い思い出だ。
初めてできたのは確か、小学校3年生くらいだったと思う。何事においても他の子に比べて成長の早かった私。それは『にきび』においても例外ではなかった。そして、私のそれは学年が上がるごとに増えていった。自分でも見るのがイヤなほどに。もちろん、自分でも見るのがイヤなんだから、人から見たら、余計に見苦しい。そして、同じ年の子にとってそれは物珍しい、異質なモノ。からかう対象に、いくらでもなり得るのだった。あの時から私は、「自分の肌は汚い」というコンプレックスを抱くようになった。

しかし、高校生くらいになったある日。友人からの何気ない一言で、私の心にあったコンプレックスが少し緩和された。そう、その友人は私に向かってこう言ったのだ。「え?!別に肌汚くないでしょ?むしろ、綺麗な方じゃん?!」私は、この時までずっと、自分の肌が嫌いだった。相手にとっては何気ない一言が、私にとっては救いだった。
この日から私は、自分の肌を労り、慈しみ、そして「もっと、もっと、綺麗になれ」と呪文を唱えるように手入れをするようになったのである。

Copyright (C)2017あなたの行っているにきび対策.All rights reserved.